歯科衛生士科of 富山歯科総合学院



歯科衛生士の仕事は、常に患者さんの立場で
コミュニケートすること。
優しさと、きめ細かな技術が生かされる専門職です。
人間性を養い、確かな技術を習得しましょう。

 厚生労働大臣の免許を受けて、歯科医師の直接の指導の基に、歯科保健指導・歯科予防処置・歯科診療補助を行うことを業とします。
 歯科保健指導とは、歯科衛生思想の養成・歯科疾患の予防・歯科栄養指導等に関する指導を行うことです。
 また、歯科予防処置とは、う蝕・歯周疾患の予防の目的で、薬物塗布・歯石除去を行うことです。さらに、歯科診療補助とは、歯科医師が行う診療の補助を行うことです。
 歯の疾患は、現代人が最もかかりやすい病気のひとつに数えられます。それに対処して、歯科診療体制も従来の治療重視の方向から、予防的処置を重視する方向へと変化しつつあります。歯科医師の技術がどんなに優れて
いようと、歯科衛生士による予防活動が効果を発揮しなければ、患者は一向に減らないのです。
 歯科衛生士に課せられた役割は大きいのですが、現在、歯科衛生士の数は絶対的に不足しており、責任感のある人材が求められています。

歯石除去(スケーリング)は歯の汚れを取り除くことです 

歯石前.jpgこびりついた歯石も〜

歯石後.jpg歯科衛生士の技術でこんなにきれいになります

スケーリング.jpg

正しい歯の磨き方や衛生指導も重要な仕事

衛生士科2.jpg衛生士科1.jpg

ブラッシング指導

ブラッシング前.jpg汚れがあって歯ぐきが病気の状態です

ブラッシング2.jpg紫色の部分が歯の汚れの部分です

ブラッシング後.jpgブラッシング指導でここまできれいになります

優しい応対で患者さんの心がなごみます

問診2.jpg問診3.jpg

診療補助

CIMG0060.JPG補助3.jpg印象3.jpg印象1.jpg

歯科医院の顔、受付も大切な仕事

受付.jpg

データ管理も重要な仕事

受付.新谷.JPG

訪問して衛生指導もするよ

CIMG0100.JPG

歯科衛生士国家試験受験資格

 歯科衛生士になるためには、歯科衛生士国家試験に合格して厚生大臣の免許を取得しなければいけません。
 本学院を卒業すると同時に、歯科衛生士国家試験の受験資格を得ることができます。

主な就職先

 個人歯科医院
 病院
 各種公立機関